大逆鱗

何かのゲームに例えようとしたが、なんか独自のエッセンスが強くて例えられん。

半自動生成ダンジョンの地下999階を目指すゲームなんだが、とにかくハチャメチャ。

舞台が中世っぽく、武器もロングソードとかレイピアとかなのに、実際に攻撃するとエネルギー弾のようなものを飛ばして攻撃する。これが武器毎に異なっていて、ただの通常弾から、貫通レーザー、3WAY、8WAY、炸裂弾、リップルレーザー、等々実に多彩。また、補助武器として、ボウガン、ロケットランチャー、クラスターボム、ビットなども存在する。

ダンジョン内では基本的に宝箱を回収しながら下の階への階段を見つけて下りていくだけだが、モンスターが出現するジェネレーターが存在しており、ワラワラとダース単位で襲ってくる。だが、このゲームではダンジョンの壁を体当たりで壊すことができるので、非常に幅の広い戦術を取ることができる。一直線に掘ってリップルレーザーで焼くのもいいし、戦闘が面倒なら下り階段まで一気に走ってもいい。自分に有利な地形を作ることができるのは素晴らしい。

また、ダンジョン内には自動生成ならばトラップが仕掛けられていて当然だが、このゲームでは「下り階段が消滅する」なんてトラップが普通に出てくる。一応罠が見えるようになるアイテムや、消すアイテムもあるが、それでも恐ろしい。

極めつけは店。地上に戻ると武具屋・道具屋・鍛冶屋・魔法屋の施設を利用できるのだが、その施設内の項目の一番下に

店を買いたい

・・・もちろん買える(高いけど)。買うとレアなアイテムを扱ったりしてくれるようになったりする。道具屋に至っては核兵器を入荷したりも。なお、この核兵器を使用するとダンジョンの床を10000階分破壊してくれるので、最下層である999999階を目指す人間には必須のアイテムだったりする。

というわけで現在221833階。先はまだまだ遠い・・・