ねんがんのビデオカードをてにいれたぞ!

FFベンチもゆめりあベンチも起動せず、おっぱいスライダーもまともに動かない状況だった。別に最近の3Dゲームになんざ手を出す気もさらさら無いが、Flashやらなにやらで3D弄ろうとすると微妙に不具合が出そうだったんで購入に踏み切った。

購入したのはGFX5200-LA128Cという、ほぼローエンドのさらに下の製品を安さにつられて買った。当初はバス幅も価格も申し分ないGV-R955128Dにする予定だったが、3000円以下で見つけてしまったのでこっちにした。

早速取り付けたわけだが、描画に関するあらゆる面で改善されてる。ゲームとかFlashとか。ゲームに関しては解像度で問題が出てた東方やLA-MULANAも普通に動作するようになった。あと、オンボードだからという理由で起動できずに3年近く積んでたテレネッツァが起動したのにちょいと感動。ああ、ようやくプレイできる・・・

付属ソフトウェアを使えば画面を90度単位で自在に回転できるので、アーム利用して回転すればWebサイト見るのに便利になったり、S-Video出力できるんで、もう一台PC用意すればデスクトップキャプチャできたりと、色々と夢が膨らむ。

んで、増設する際にどー計算しても電源が弱かったので、安くなってたSilentKingを買ってきて電源外付け状態にした。もはやキューブの利便性を失っている気がするが、気にしないことにする。