ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン

ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン

FF7ってこんなストーリーだったっけか? と思いながら見た。

当時はまだネオジオCDと同じ稼働率でストゼロとWizardry7を楽しんでいた記憶があったが、その頃にFF7が出たんだった。

ムービー時と通常時のポリゴンのギャップが酷いっぺれ~とか言いながら遊んでいた記憶があったが、そんなスクウェアも今ではCGのみで映画を作るぐらいになりました、と。・・・一度コケたが。

というわけで、なんとなく無理矢理CGに(下手にリアルなんで)なってるような部分も感じられたが、動きは良かった。動きは。

ただ、一番最後のシーンはアレだ。お前そいつ出したかっただけなんじゃないか、と思った。むしろそれをウリにしてくれれば潔く見れたんだが。

どうでもいいが、FF7ってPSのゲームで初めてバックグラウンド全部ムービー中でも操作できる(イルカジャンプした後だったハズ)ようにしたゲームじゃないかと思うんだが。当時は他じゃ滅多に(というか見たこと無い)無かったんで、この部分を結構評価してたりする。