nLiteでOSを軽量化してみた

やりたかったことは概ね成功。

アプリケーションのサイレントインストールにやや手間取った。っていうか、サイレントインストール用のコマンドラインオプションなんてどーやって調べりゃいいんだよ!って感じだったが、海外のフォーラムを漁っていると、俺が欲しいアプリケーションのことが載っていたので無事にサイレントインストールを行うことができた。今回行ったものは以下の通り。

ECHO Installing .NET Framework v1.1
start /wait %systemdrive%\install\NetFramework\netfx.msi /qb

ECHO Installing .NET Framework v1.1 Japanese Language Pack
start /wait %systemdrive%\install\NetFramework\langpack.msi /qb

ECHO Installing .NET Framework v1.1 Service Pack 1
start /wait %systemdrive%\install\NetFramework\NDP1.1sp1-KB867460-X86.exe /q

ECHO Installing Lavasoft Ad-Aware SE Personal
start /wait %systemdrive%\install\AdAware\aawsepersonal.exe /s

ECHO Installing ZoneAlarm Free
start /wait %systemdrive%\install\ZoneAlarm\zlsSetup_60_667_000.exe /s /noreboot

ECHO Installing Spybot S&D
start /wait %systemdrive%\install\spybotsd\spybotsd14.exe /verysilent /norestart

ECHO Installing Spywareblaster
start /wait %systemdrive%\install\spywareblaster\sb34setup.exe /verysilent /norestart

ECHO Installing K-Lite Mega Codec Pack
start /wait %systemdrive%\install\klite\klmcodec138.exe /silent /sp

どうやらインストーラーの種類によって大別されるようで、msiパッケージならqb、Innoパッケージならverysilent、norestartといった風になるようだ。他は大抵sやnorebootでいけるみたいだ。それでもダメな場合はUniversal Silent Switch Finderを使うことで判ることがあるかもしれない。

んで、Hotfix統合してコンポーネント削除して無人状態にしたおかげでOSクリーンインストールがかなり快適になった。起動も早くなったしProgram Filesフォルダの中身がフォルダ3つだけというのも実に清々しい。