暴れん坊本屋さん

暴れん坊本屋さん

本屋さんの日常を面白おかしく黒い部分まで赤裸々に描いた作品。ってな話をどこぞで聞いたので読んでみた。

漫画家兼書店員である著者自身が、本屋からの客への視点や経営上での苦労話等を面白おかしく描いている。読み終わった後は本屋さんを見る視点がガラリと変わった。やはり内輪系というか裏話等の話は面白い。

あと、一般人だけでなく同業者にも売れているというか絶賛らしい。それは結構すごいな。

色々とぶっちゃけすぎてて、正直2巻のネタ無いんじゃないかと思ってしまったが、当初の期待以上に面白かったので2巻も買ってみるさね。さらに黒い内容を期待しつつ。