FinalFantasyIII

FinalFantasyIII

超不安だった。FinalFantasyIIIをDSでリメイク。スクウェア(+マトリックス)が今の技術力+ゲーム製作手法で。

これはヒジョーにマズイ。ってゆーか買う前から地雷確定? 結局DSのRPGは呪われてる運命なのね、ああ、なんて可愛そうなハード・・・

といった状態でプレイしてみたらものの見事に肩すかしを食らった。原作のテイストをできるだけ損なわずに、リメイクではなくあくまでもリニューアルにとどめているのに感動を覚えた。

不安の種だった主人公4人への名前+性格付けも、実際にはイベントの端々でちょこっと喋る程度なんで全然気にならんかった。

難易度もDSユーザー向けに大幅に降下してんのかと思いきや、原作以上に殺しにくるくせに、ちょいと考えるなり修行してくれば突破できるようになってるバランス調整が成されている。

特に全ジョブに調整が入ったおかげで、自分の好きなジョブでラストまでいける。もう忍忍賢賢にする必要は無くなった。風水師・賢者・吟遊詩人・狩人が鬼のように強くなってたりするし、魔法系も白魔・導師・黒魔・魔人・赤魔・賢者でしっかり差別化が成されているので、賢者一択にする必要も無い。素晴らしい。

よく聞く不満の一つに、ロードが長いというものがあるが、感じとしては、PS版ハッカーズか、それよりちと遅い程度じゃねーかと。気にする人にはすげー長く感じられるかも知れない。ゲームの面白さ+ノスタルジックフィルター全開な俺は全然気にならなかったわ。

Wi-Fiというか通信必須の隠し要素は・・・せめて「通信しなくてもいいが、通信すればかなり楽になる」といったところに収めるべきだと思うがな。

かなり贔屓目に見てるとはいえ、それでもこのゲームは「買い」としか言えん。この、原作に恥じない面白さは、俺の予想をはるかに上回るほどに面白かった。

そして、DSのRPGは呪われているというジンクスも打ち破ってくれた。実に喜ばしい。