風来のシレンDSの出来がひどい

劣化したインターフェース

シレン64、アスカ見参と進化したインターフェースや操作系をほぼ完全に無視している。

まず、不確定名アイテムへの名前付け。入力補完が無くなって入力履歴が備わった。文字通り今まで入力した名前が出てくる。

毎回確定名を入力していけるなら、ほぼ選択式になる。だが、シレンでは複数候補の名前とアルファベットによるインデックスを付けたりするのが常套だ。そうなると途端に足りないばかりか選択に手間がかかってしまう。

この入力履歴は他の種類のアイテムも一緒にまとめられている。壷の名前を履歴から入れようとすると草や杖の履歴も一緒に出てくるわけである。これでは満足に入力できない。

次にボタン入力の不備。多用する攻撃・特技・十字ボタン。今回は毎回押す必要がある。

例えば肉でボウヤーに変身したとして、矢を集めるには特技ボタンを100回以上押さねばならない。従来なら押しっぱなしで済んでいた。トラバサミも同様で、押しっぱなしで抜け出せなくなっている。

また、斜め移動に使用するRボタン。チョン押しで周囲にマス目を表示し、長押しで斜め移動状態になるが、1マスだけ斜め移動したい時なんかにマス目が暴発してしまうことが多々ある。他の部分に割り振れなかったのだろうか? 使用頻度の低いセレクトとか。

そして倉庫の仕様。64以降、膨れ上がる倉庫の中身に対処すべく、床に置くシステムを廃し、メニュー形式で預けられるようになった。

このおかげで出し入れと整理整頓が便利になったのだが、このDS版では依然床に置くシステムのまま。壷のまま預けられるようになったのは確かに前進だが、今度は全てのアイテムを壷の中まで把握する必要が出てくる。これでは余計に手間がかかってしまう。

その他仕様上の不満が幾つか。

冒険終了毎に長いセーブが入り、そのままリトライできずにスタート地点に戻されてしまう。クリア後の持ち込み不可ダンジョンではこの仕様はプレイへのモチベーションを下げる。

また、白紙の巻物に「一度呼んだ巻物のみ」という制約加えられてしまったのだが、依然入力式のままである。理解に苦しむ。

ウェイトが多い

どうやらメッセージ周りの処理の仕方が悪いようで、メッセージが溜まるなどするとウェイトがかかるようになる。壷に複数のアイテムを一度に入れた後や、連続でアイテムを拾い続けた時なんかは顕著だ。アイテムが一杯の時にアイテムの上に載るとアイテム名がすぐに表示されないといったこともある。

また、攻撃時にかかるウェイトとか、もう少しなんとかならなかったのか。

らしからぬ追加要素

今回「帯電」という要素が追加された。敵の特殊攻撃で手持ちのアイテムが帯電状態になってしまうと、捨てることも使うこともできず、次のフロアに降りた時に自然消滅してしまう。

この要素がダメな所はデメリットしか持ち合わせていないこと。アイテム消滅特技としてにぎり系が所持アイテムを強制的に「大きなおにぎり」にしてしまうというのがあるが、こちらは状況次第では食糧危機にも対処できる攻撃となっている。

不思議のダンジョンには、このようにメリットとデメリットがある程度備わったものが多々有る。もちろんデメリットしかないものもある。あるが、リメイクで追加された要素が、にぎり系と微妙にかぶるアイテム消滅のみしか効果を持たないというのはお粗末としか言いようが無い。

総じて

テンポが悪い。1000回遊べるPRGというキャッチコピーがあるが、冗談抜きで1000回遊ぶ。このテンポの悪さが数百回も続くと思うと苦痛だ。

そしてモチベーションの下がる仕様。これらはSFC以降、64、PCとプレイしてきた者には非常に辛い。それだけに、微かに残るシレンらしさが非常に惜しい。

それなりに出来た凡ゲーといったところか。旧作が良く出来すぎていた為に比較してしまっているというのもあるが、未経験者や久しぶりに遊ぶなら十分に面白いだろう。それを見越しての低難易度化だろうし。

・・・つい興奮して色々いらんこと書き過ぎた。反省。

修正前

結論から書く。インターフェースの不備、バランスの調整不足、不思議のダンジョンらしくない追加要素、明らかに技術力不足なシステム。これはひどいとしか言えない出来だ。悪い点を挙げるとキリが無い。

インターフェースの不備は致命的だ。シレン64やアスカ見参で培ってきたものを完全に無視し、プレイへの意欲を圧倒的に削ぎ落とす。一部挙げてみる。

  • Rボタンをチョン押しでマス目表示、長押しで斜め移動。マス目暴発しすぎ。
  • A押しっぱなしで攻撃できない。
  • 十字キー押しっぱなしでトラバサミから抜けられない
  • 入力補完が無くなって入力履歴が。でも他の種類と一緒。アホか。
  • 白紙が一度でも読んだ巻物だけに。でも自分で入力。アホか。
  • いちいち酒場にいかないと大きなおにぎりが貰えない。
  • 冒険が終わるたびに強制的にセーブ。しかも長い。持ち越し無しぐらいはそのまま再挑戦させろ。
  • 倉庫に置いた壷の中身が保存されるようになったので、余計手間が掛かる。
  • マップの壁が非表示。
  • 杖に振った回数が付かないのは許せるがメモすら残せない。壷も同様。

追い討ちをかけるように技術力の低さも目に付く。

  • 攻撃した際に入るウェイト。
  • まるでモンハウがあるかのようなダッシュ。
  • メッセージの表示が遅く、アイテムが一杯な状態だとアイテムの上に乗ってもアイテム名がすぐに表示されない。
  • さらにメッセージが溜まるとウェイトがかかる。

これらが合わさってテンポがジワジワと悪くなっている。

そしてトドメを刺すかのような追加要素。帯電したアイテムは次の階で消滅。防ぐ手段は皆無。

これらで確信した。このゲームを作ったところは不思議のダンジョンというものを分かっていない。いや、彼らは「風来のシレン」をプレイしたことがあるのだろうか?

数年ぶりのシレンシリーズ最新作。しかもリメイクということで大いに期待した。妄想だけで一日が終わるくらいに期待しまくった。が・・・プログラムがトルネコ3の人だったのか。予めこれを知っていれば、おれはーっ! おれはよーーーっ!

・・・いや、どっちにしろ買わないわけにはいかなかったが。

ただ、ムカツクことに、全く遊べないわけじゃないんだよな。これらの点に耐えられるなら、そこそこ遊べる携帯機の不思議のダンジョンになる。というか、これらの不満を感じているのは、恐らくSFCシレンから不思議のダンジョンに触れている極わずかな人だけだろう。新規や久しぶりの人は微塵にも思って無いんじゃないかと。

それに、なんだかんだいってもベースがシレンだし。難易度も下がっているのでネームバリューに釣られたポケダン組とかには丁度いいのかも。5万本売れたらしいので、そこから不思議のダンジョンプレイヤーが少しでも増えてくれたらいいなと、ものすんごく淡い期待を寄せておく。

あと、今のチュンソフトには技術力が皆無なだけでなく、ほぼ完全に製作への意欲を失っているということもわかった。中村光一がこれらの仕様を見逃すはずが無い。

もう次のシレンシリーズ、いや不思議のダンジョンに期待はできない。このままチョコボやドラクエやガンダムやポケモン等の亜種として派生していくのだろう。悲しいことだが。

って、技術力ないならVCでも期待できねぇじゃん。あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛・・・

不思議のダンジョン 風来のシレンDS