Operaで選択範囲内のあらゆるURLを一気に開く

ahkで作ってみたけど、JavaScriptで選択範囲のソースを取得できることをすっかり忘れてた。

get n go selection links

こっちのほうがいいな、うん。

ただ、こっちだとaやimg等の要素の属性しか見ていないようなので、テキストノードも見ることができるのを作った。ノードだけ見るか、テキストだけ見るか、両方見るか、の3通りで開きまくれるように。

使い方は一緒で、まずユーザースクリプトディレクトリにopenselectionurl.jsを入れたらmenu.iniの[Hotclick Popup Menu]に以下の項目を追加。

Item, "選択範囲内の全てのリンクを開く" = Go to Page, "javascript:openSelectionURL( 'node' )"
Item, "選択範囲内のリンクされていない全てのURLを開く" = Go to Page, "javascript:openSelectionURL( 'text' )"
Item, "選択範囲内のURLを全て開く" = Go to Page, "javascript:openSelectionURL( 'both' )"

これで右クリックからURLを開きまくれる。

リンクされていないURLについては、最低限スラッシュ2つかwwwで始まっていればURLと見なすようにした。また、wikipediaについてはURLに日本語が使われていても認識するようにした。

このスクリプトの弱点はポップアップブロックにひっかかってしまうことか。

先日作ったahk版ならコマンドラインから渡すのでポップアップブロックに引っ掛からないという利点がある。テキストのみahk版で処理するのもアリかも知れない。