COWON D2 購入

clix2とどちらにするか悩んだが、使ってて面白そうなD2にした。

D2の特徴

  • 内臓2G/4Gフラッシュ
  • SD/SDHCによる拡張
  • 2.5インチ・QVGA・1,600万カラー液晶
  • タッチスクリーン方式
  • MP3、WMA、OGGだけでなく、FLACとAPEに対応。
  • 動画はAVIとWMV
  • 音楽52時間、動画10時間再生
  • FMラジオ/録音
  • TV出力
  • Line-In 録音
  • テキスト/フォトビューアー
  • 手書きメモ(次のバージョンで対応)

動画

手元の適当な動画、ANUBISのOPとかニコニコから落としたものを入れてみたが・・・いい。イイね、コレ!

2.5インチ(iPodとほぼ一緒、DSよりやや小さい)で中々の発色。処理落ちすることなく動きも滑らか。黒が弱いのは仕方ないか。しかもオプション品を使えばTVに出力までできる。

付属ソフトによる変換が簡単なのもいい。D&D後にプリセットを選ぶだけで次々と。On2VP6のflvでも問題なく変換。

音楽

最新ファームではプレイリスト(m3u、pls等)に対応していないようで、自前のプレイリストというかお気に入りを利用することになる。

他はID3タグで絞ってくれるので、ある程度適当にタグ付けしてれば問題無いようだ。

音は十分に出てる。何でもポータブル機器で唯一高級ヘッドフォンを鳴らせる程の出力があるとか。エフェクトも豊富。

SDカード

トランセンドのSDHC 4G class6を購入して動画を入れているが、特に問題なく再生できてる。内臓フラッシュのファイルを変更するとデータベースを再構築するために微妙に時間がかかるが、SDなら再構築されないので、動画のテストに便利。

当然ながら数枚用意しておいて、とっかえひっかえ動画を見ることもできる。いいね。

最近は8Gが1万ちょいで買えるから、4G+8Gで12G。これだけあれば十分だな。

タッチスクリーン

ペンじゃなく、親指でも十分に反応する。シークバーを弄れるので便利。

不満

マニュアル周りというか情報? わからんことが微妙にあるくせにマニュアルどころかweb上にも情報が少ない。なので、そのうち適当にページでも作ろうかと。付属ソフト以外でのエンコード方法とかあまり載ってないし。

まだ遭遇してないが、シャッフル再生時に暴走して関係ないフォルダに飛んだりするらしい。他プレイリスト未対応など、プレイヤーとしては一歩届いていないといったところか。ここらへんはファームで改善されるのを期待しとく。

感想

ようやく動画を持ち歩けるようになった。そして、Muvoの充電地獄(3日に1回必要だった)からも開放された。Muvoより薄小さくてそのままポケットに入る。乗り換え先としては丁度良かった。値段がちと高めなのがアレだが。

COWON D2-4G-BL