AutoHotKeyでいつでもウインドウを最前面表示+α

Pause::WinSet, AlwaysOnTop, TOGGLE, A

これでPauseキーを押したときにアクティブなウインドウは最前面に表示される。既に最前面なら通常表示になる。

使い道は色々というか、ながら作業の為にあるような機能なので、ニコニコ動画やYoutubeで再生しているウインドウを切り離しつつ最前面表示させる、といったのが主な使用方法になるだろう。

せっかくなんで、ながら作業支援をもう1つ。

ScrollLock::
{
    WinGet, trans, Transparent, A
    if trans is number
    {
        trans := trans - 32
        if trans > 0
            WinSet, Transparent, %trans%, A
        if trans < 0
            WinSet, Transparent, OFF, A
    }
    else
        WinSet, Transparent, 223, A
    return
}
+ScrollLock::
!ScrollLock::
WinSet, Transparent, OFF, A
return

ScrollLockキーを押すごとに徐々にアクティブウインドウを透過させていき、透過度が0を下回ったら透過を解除。ShiftかAlt押しながらScrollLockキーで透過を強制解除することができる。XP専用。

これらのスクリプトを使う場合、PauseキーやScrollLockキーを自分の手に馴染むキーに変更してから使うといいだろう。