バイオハザード4 Wii edition

既にPS2で体験済みだが、リモコンの操作感がどんな具合か確かめたくて、ついに購入。

内容はグラフィック等が劣化したPS2版ではなく、オリジナルのGC版をベースにPS2版の新要素を付加、さらにバランス調整を行い、リモコンによる操作に変更した結果、非常に遊びやすくなっていた。

リモコン照準

Wii版で最も特徴的なのがリモコンによる照準。

従来は武器を構えるとレーザーポインタが出現し、十字キーで微調整して対象にレーザーが当たっているのを確認してからようやく攻撃していた。

Wii版は照準そのもの、つまりレーザーポインタの先をそのままリモコンで操ることができるので、圧倒的に速く、正確に攻撃することができる。

また、従来はポインタの移動と視点移動が同時に行われていたのに対し、Wii版では別々に行うことができるため、画面両端の敵を次々と攻撃できるようになった。

サーチナイフ

サーチナイフとはリモコンを振ることで周囲に存在する敵や木箱等のオブジェクトをナイフで攻撃すること。

通常、ナイフは「構える→視点を合わせる→ナイフを振る」と3アクション必要だったが、これらを最短時間で行ってくれる。

わざわざ上や下を向かないとナイフが届かないようなオブジェクトでも、しっかりサーチしてくれるので、何かと破壊可能オブジェクトが多いバイオ4のゲームの進行がより一層スムーズになった。

もうパッドには戻れない

大きな違いは操作方法がパッドからリモコンになっただけなのだが、操作する楽しさは激的に向上している。

リモコンの扱いには少々慣れが必要(特に他ハード体験者)だが、慣れてしまえばこれほど快適なバイオ4は他に無いことに気づくはず。

快適なのは操作だけではない。スクイーズワイド対応。ロード時間は大幅に削減されているし、セーブも早い。Wiiなのでセーブデータのバックアップも可能だ。

Wiiを所持しているなら是非遊んで欲しい。既に何周も越してる人は勿論のこと、低難易度モードがPS2版よりもさらに簡単になったので、初プレイやアクション苦手な人にもオススメしたい。

バイオハザード4 Wii edition