Operaでユーザースクリプトのみを有効にする(Ultimate blockage/Noscriptlike編)

A Script like NoScript. – User JavaScript – Opera Community

リンク先ページの下のほうにスクリプト本体がある。

Ultimate blockageを導入すると、全てのWebページで右下に小さなアイコンが表示されるようになる。アイコンをクリックすることでブロック可能な画像/オブジェクト/スクリプトの一覧が表示され、blockボタンを押すことで次回ページ読み込み時からブロックすることが可能になる。

先日紹介したDisable Scriptとは違い、こちらはまず全てを許可した上で、必要無い物を選んでいくというブラックリスト方式になっている。

なお、NoscriptlikeはUltimate blockageから画像とオブジェクトを除いたもの。

問題点1:スクリプトのブロックが甘い

scriptやタグ内に直接記述されたものに関しては全くブロックすることができない。あくまでもscript要素からsrcで参照しているスクリプトのみとなっている。

問題点2:ドメイン単位のブロックが不可能

URL単位でしかブロック情報を記録しないので、トップページでブロックしても他のページに存在するなら再びブロックしなくてはならなくなる。

問題点3:クッキーを利用する

クッキーを消してしまったら再びブロックしなければいけない。

感想

クッキーをそんなに消さず、特定のウザいものだけ消したいというのであれば有効か。ぶっちゃけコンテンツのブロックで十分な気がするので、入れるとしたらNoscriptlikeだけでいいかもしれない。

となると結局JavaScriptを常時OFFに行き着くわけで。

参考

Operaでユーザースクリプトのみを有効にする(Disable script編)