初めてのエルゴノミクスキーボード

使用している300円キーボードが程良く煤けてきた&黄ばんできたので廃棄して新しくMicrosoft Comfort Curve Keyboard 2000を購入。

「エルゴノミクス (人間工学) デザインに基づいた滑らかなカーブのキー配列」とあるように、微妙にカーブしていて肘を真っ直ぐに伸ばさずとも自然な形でフォームポジションに入ることができる。キータッチも悪くないし変態配列でも無い。2000円切ってる割にすごい使いやすいわ。

ただ、指先の収まりがいいだけに手首の下がりっぷりが気になる。これはパームレスト付きのNatural Ergonomic Keyboard 4000のほうを買ったほうが良かったのか。失敗した。

さらに欲張って無線にしたい。となるとNatural Ergonomic Desktop 7000か。さすがに1万近くなってしまうが、エルゴノミクスマウス付き。次はこれにしよう。

特殊キーを殺す

今回購入したキーボードの上部にはアプリケーション操作用の特殊なキーが搭載されていて、ブラウザの進む/戻る、音量の+-、電卓の起動などにアクセスできる。・・・のはいいんだが、ぶっちゃけいらないので付属ソフトウェアはインストールしないことにした。

んが、なぜか電卓キーだけ生きているようで、押すと電卓が起動してしまう。テンキーの上にあるから暴発は少ないだろうが、それでも精神衛生上良くないので無効化することにした。

まずはAutoHotKey用の適当なスクリプトを作成して起動。タスクトレイのAutoHotKeyアイコンからメニューを出してOpenを選択。ウインドウメニューのViewからKey history and script infoを選択。

F5を押す度にキーボード入力の履歴を表示できるので特殊キーのキーコードをAutoHotKeyで一つずつ調べていく。一つずつ調べた結果、以下のようになった。

  • vkA6 => 戻る
  • vkA7 => 進む
  • vkAE => 音量-
  • vkAF => 音量+
  • vkAD => ミュート
  • vkB3 => 再生/停止
  • vkAC => ホーム
  • vkAA => 検索
  • vkB4 => メール
  • vkB7 => 電卓

このキーコードを利用してホットキーを設定する。

#NoTrayIcon
vkA6::!Left
vkA7::!Right
vkAE::SoundSet -4
vkAF::SoundSet +4
vkAD::SoundSet, +1, master, mute
vkB3::return
vkAC::!Home
vkAA::return
vkB4::return
vkB7::Run, %SystemRoot%\system32\calc.exe

デフォルトを再現するとこなかじ。再生・検索・メールボタンはインストールしたソフト経由で直接アプリケーションを叩いているっぽいのでとりあえずreturnで無効化してる。

あとは自分で好きな動作を設定することが可能になる。上記デフォルトにプラスアルファしてもいいし、全キーカスタマイズしてもよし。