ギャラリーオブラビリンスのRTAが却下されました

数ヶ月前からちょこちょこプレイしていた悪魔城ドラキュラ ギャラリーオブラビリンスのRTA、ワープバグ・クエストバグ無しで48分をSDAに提出したところ、見事却下となった。以下、理由。

クエストバグを利用していない

日本初期版及び海外版で実行可能なバグで、クエストの報酬を何度でも貰えるというもの。アンカースリングを大量に売却してクロスクレイモア・マジカルチケットを買うのが定石。

だが、自分が所持するギャラリーオブラビリンスは、このバグが修正された廉価版の為、やりたくてもできない。そのために専用の進行ルートを作成した。

無限ポーションバグを利用していない

アイテム欄の一番右上のアイテム名のさらに右をタッチすると、カーソルが消える。この状態でAボタンを押すと、ポーションを消費せずにポーションの利用が可能。

しかし、上記クエストバグを推奨するなら金が有り余るので、このバグを使う必要は無くなる上に、このバグを利用するには画面をタッチするという結構なコストがかかる。

自分の進行ルートでは回復アイテムの金をほとんど稼いでおらず、余ったお金+拾ったもので全て賄っているので、この意見を飲むことはできない。

8段ジャンプを利用していない

【TAS】悪魔城ドラキュラ ギャラリーオブラビリンス 画面外なし 33:13 (½)

こちら参照。

さてどうしよう

日本版ではクエストバグ不可能だから認めてくれと言うことは可能だが、どうやらSDAではワープバグ有りと無しでしかカテゴリ分けをしていない様子。正直、今の今までこのゲーム動画が全く投稿されていないのにカテゴリだけキッチリ分けて、審査で弾くのはおかしい。普通逆で、ある程度動画が集まってからやることだろう。

そこら辺を点けば再審査になるかもしれんなー、と思ったけど8段ジャンプだけは自分でも思うところがある。

それは、RTAのテクニックとして普通に実行可能かどうか。100回やって1回しか成功しないような博打を打つつもりは全く無い。

文化の違いだろうが、海外ではマルチセグメント、いわゆるセーブ有りTAが主流なので、基本的にミスったらセーブしたとこからやり直せばいいや、という考えを持っていると思われる。そして、このテクニックもセーブ有り前提で考えられている可能性が高い。

というわけで、まずは8段ジャンプについて調査だな。ゴネるのはそれからだ。

悪魔城ドラキュラ -ギャラリー オブ ラビリンス

初回版を買えばクエストバグを使えるようになるが…ぐぬぬ