ゲーム撮影用にLogicoolのWebカメラを簡易比較 C910 & Pro9000

2年程前まではニンテンドーDSの画面を撮るのにLogicool QCam Pro 9000を利用していたが、映像信号を直接PCで取得できる偽トロキャプチャの導入によりカメラで撮る必要が無くなった。

しかし、今年発売したニンテンドー3DS及び年末発売予定のPS Vitaは共に画面出力無し。そんな中発売されたLogicool HD Pro Webcam C910。画素数はQCamを上回るLogicool最高の500万画素。これは試さない訳にはいかない、というわけで簡単に比較してみることにした。

上がC910(500万画素)で下がQCam Pro 9000(200万画素)。当たり前だけど、画素数が上回るC910のほうが色鮮やかで線もくっきり映っている。

そこまで劇的に差があるわけではないけど、もしこれからゲーム撮影用にWebカメラの購入を検討しているならC910一択。手持ちのQCam Pro 9000や安価Webカメラで安く済ませたいなら、撮影後の編集やffdshowによる補正は必須になると思われる。

安価WebカメラとしてはLogicool HD Webcam C525が妥当か。QCam Pro 9000よりも安いが画素数は210万画素と負けていない。

Logicool HD Pro Webcam C910

Logicool HD Webcam C525

Logicool Webcam Pro 9000 QCAM-200SX