もうPS・SS版には戻れない「デビルサマナー ソウルハッカーズ 3DS」

リメイクというか移植。グラフィックほぼ使い回し、ストーリー追加無し、BGMも昔のまま。なのに、ゲームスピードが数倍になってるだけでここまで面白いなんて!

ロード時間ほぼ0、戦闘スピードが3倍、3Dダンジョン歩行速度が2倍の上にBダッシュ実装でさらに倍。セーブも数秒、常時オートマップ、常時アナライズと全体的にストレスレス仕様。これに加えて悪魔全書、フルボイス可。旧版をプレイしたことがあるなら、この移植がどれだけ素晴らしいかが分かるはず。

とまぁ、旧版プレイ済みなら「買い」だけど、そうでないなら十数年前のRPGがほぼベタ移植。ストレスレスなんてこの時代には当然、なので割と普通のRPGにしか見えないのではないかと思う。

3DS版の変更点は大体攻略ページにまとめた。

というわけで、ちょっとだけ愚痴るよ。

ネメッチー

すれ違いすることでネメッチーが成長していって、3DS版に追加された悪魔(総数)を召喚できるようになる、が・・・

コンプリートするのに200回近くすれ違う必要があるというひどい仕様。当然すれ違う相手もソウルハッカーズをすれ違い登録していなければならず、都心部以外ではほぼ絶望的。

ハッカーズと比較してかなり売れた世界樹4ですら、仙台在住の自分でも総すれ違い回数は70ちょい。すれ違い目当てで施設等に赴けばまた変わるだろうが、それでもこれはちょっと・・・

QRコードやフレンドと交換等の救済要素は一切無し。ひたすらすれ違えと。鬼か。(悪魔です)

追加悪魔の説明に重大な間違い

シリーズの根底に関わる大御所の解説で、まさかの夫と妻の表記間違い。これはいかん。

悪魔全書第二集完全スルー

ディナーさん・・・

細かい不満もあります

ムービースキップ不可(シナリオ上の)、メッセージスキップ不可、ソフトリセット不可。そこは移植せんでいいのに・・・

マスター音量が低く、特にボイス音量が異常に低いのでサウンドのバランスが悪い。2周目はボイスOFFで良い。

そして

結局ネミッサ3色それぞれ1周ずつ計50時間プレイ。見た目は古くさいけど面白さはそのままなので遊んでしまうのです。全書で悪魔引き出し放題だから「ぼくがかんがえたさいきょうのぞうま」が作り放題且つ4種類まで保存できるのでMAGが足りねぇ足りねぇ。

ライドウに関しては扱い方が勿体ないの一言。エクストラダンジョンのラストにねじ込むんじゃなくて、本編のどこかから寄り道で戦える程度でも良かったんじゃないかと。さすがにキョウジの後に持ってこられると両カーン貼った上でメギドラオン連発せざるを得ないので、せっかくの特殊悪魔が台無しに。最後のアレは面白かったけど。

古くさいゲームではあるが、なんだかんだで初代からのシステムを受け継いだ(真3、ペルソナからは大きく外れる)最後のタイトルな上に、それらの中で最も遊び安いのは確かなので、ペルソナや真3やその他アトラスゲーから女神転生に興味を持った人が居たなら、十数年経った今でもオススメしたいゲームということに変わりはない。

デビルサマナー ソウルハッカーズ 3DS