フラン~Lost Memory of Angel~

というわけで2本目はエグゼクリエイトが放つフランに! ただ、プレイしていて予想していなかった問題が。これで4日は遊べるなと思っていたら、わずか3時間30分でクリアしてしまった。短すぎじゃー。

どこだかに天使育成RPGと書かれていたが、そのシステムが正直微妙だったりする。雑魚を倒したときに落とす5種類の羽を与えて天使のステータスを上げてやるんだけど、なんというか、有り難みが無いというか、あまり見えない上にデメリットも全く見えないのはどうかと。

羽だけではなく、プレゼントを上げることでもステータスを上げることができる。プレゼント次第ではイベントCGを見れたりするので、恐らくエンディングによって見れるCGが変わるのだと思うが、だったらCGモードぐらい入れて欲しかった。

アクション部分は例えるならハイスピードイース風アクション。どこらへんがハイスピードかというと、基本的にダッシュ攻撃中が一番安全であり、攻撃を受けると一発で瀕死になるので、常にダッシュしながら行動するゲームだから。

さらに、エグゼゲームお得意(?)の敵の攻撃力がやたら高く設定されているおかげで、無闇に突っ込んだりするとサクっと死ねるけど、死んだら一つ前のフロアに戻るだけなんで、手軽に特攻できるのがいいかも。ただ、ロードすると敵が復活していて瀕死だったら死亡>ロード地点から復活>死亡の無限コンボになってしまうので、別に敵は復活させなくてもいいと思った。

そして、イベントの展開が早いというか隙が無い。どんどん話しが進む。しかもプレイヤー置いてけぼりでガンガン進む。主人公が喋らないでルピーが喋りまくるので、こいつが主人公だと錯覚してしまいながら進む。で、気付いたらクリアしちまってた、と。

なんというか、粗が目立つというより、穴が目立つゲーム? 自分で言っててよくわからんが、そんな感じ。それさえ慣れれば純粋に面白いゲームだな。

あと、ラスボスがソウルブレイダーを彷彿させてくれたので+10点。