静的生成だ!プップクプー

WordPressの静的生成をまだまだがんばってみた。

今までは月間ログだけHTML化してたので、こうなったら個別ログもカテゴリも静的生成してやるぜー。と意気込んでスクリプトを作ってみた。

静的生成スクリプト・改

このスクリプトを使用すると、指定した範囲の月間ログ、個別ログ、カテゴリログをHTMlとして生成することができるようになる。過去全ての記事を一つずつHTML化なんてのも勿論可能。

使い方は、まずこのスクリプトの上部にある、ログを保存するディレクトリとそれぞれのログタイプに準じたテンプレートファイルを指定する。ディレクトリは属性を777とかにして書き込めるようにしておく。テンプレートファイルはindex.phpで使用しているものでも大丈夫・・・かも。ここらへんは各自合った物を。

次に、wp-admin/menu.phpを開いて、配列の一番最後に

array("ログ生成", 0, 'makestatic.php')

を挿入する。前の要素の最後にセミコロンを入れるのを忘れずに。これでWordPressの編集画面にログ生成というメニューが表示されるようになる。

ログ生成メニュー画面

あとはwp-adminフォルダに上記スクリプトをmakestatic.phpをいう名前でアップロードすれば準備は完了。アクセスして生成する範囲を指定すれば、ログが生成される。

大量にログを生成する時は処理能力を結構必要とするので、少しずつ作成するか早朝に行うなどしてサーバーへの負担を軽くするのが吉。レンタルだったらなおさら。

で、早速記事の最後に記事単体へのリンクを表示するようにしてみた。一応カテゴリも生成してはいるのだが、まだページ分割機能を搭載していないので、搭載したらカテゴリもHTMLを表示させることにしよう。