Bo

Bo

Bo(ボー)はMarkdownに追加するプラグインで、脚注を作ることができるようになる。はてなダイアリーとかよくみるやつだな。「たったの3段でこれだけの威力!」#mest とか、こんな感じになる。

記述の仕方は、脚注へ誘導したい場所で、

#[半角のアンカー名]

と入れるだけ。そして、どこでもいいが、できれば本文の最後に脚注の内容として、

[半角のアンカー名]:脚注の内容

と入力する。もちろん、シャープとスクエアブラケットは半角で。脚注の中に脚注とかも可能。

んで、デフォルトでは脚注の数字がスクエアブラケットで囲まれてたんで、はてなっぽくアスタリスクにしたら、なぜかemで囲まれてしまった。

原因を調べてみると、どうやらMarkdown自体がアスタリスクとアンダーバーを強調用の記号の一つとして使っているらしく、そのおかげでemが現れたと。

アンダーバーも使ってるということは・・・案の定、リンクターゲットのブランク指定が全部emになってたんで、とりあえず記号一つでは動作しないようにコメントアウト。こんな仕様にするなよな。

というわけで、バグ修正と脚注機能が無事に追加された。あとは定義リストとテーブルくらいか?