官能小説風なSTG

官能小説風なSTG

「さあ、今夜もガンバード・・・」
そう言って超兄貴は、まるでレイディアントシルバーガンのようになった
俺のケツイに怒首領蜂をあてがうと、一気にぐわんげした。
「うぅっ、奥にR−TYPEっ・・・」
背筋に雷電が走り、俺はエスプガルーダに達しそうになる。
「いいぜ、BATSUGUNに究極タイガーだ」
TATSUJINは間もなく、プロギアの嵐のようなグラディウスを開始する。
そのダライアスは、俺のギガウイングを正確にストライカーズ。
「どれ、虫姫さまも斑鳩してやるか」
俺の戦国エースに手が伸びる。超絶なエスプレイドに、
蒼穹愚連隊はもうポコポコ大魔王だ。
トライジールもあふれ出るのを止められない。
「も、もう・・・、19XXっ!」
もはや理性はボーダーダウン。頭の中は弾銃フィーバロン。
式神の城は、鋳薔薇の極上パロディウス・・・。

めちゃめちゃ笑った。ポコポコ大魔王ってどっかで聞いたなーと思ったらツインビーかよ!

どーでもいいが、STGな官能小説のほうが正しい気がしないでもない。